Audi A4 Avant 1.4 TFSI sportの試乗インプレ!おすすめはsportグレード?


 

IMG_3329

masaです。

Audi A4と言えば、ミドルアッパーセダンとして日本はもとより世界中でプレミアムカーとして認められている車です。

そんなAudi A4になんと1.4リッターエンジンのラインアップが加わりました!

そんな注目のAudi A4 1.4 TFSIですが、

「1.4リッターの小排気量のエンジンでAudi A4大丈夫なの?」

「Audi A4の廉価版でしょ」

「もはやAudi A4ではない」

などという声が多数上がっているのも事実です。

しかし、本当にそうでしょうか?

今回はそんなAudi A4 1.4 TFSIの試乗インプレをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク


Audi A4 1.4 TFSIエンジンスペック

まずはエンジンスペックをご紹介しましょう。

エンジン型式 CVN

エンジン 1,394cc直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ

最高出力 150PS/5,000-6,000rpm

最大トルク 250Nm/1,500-3,500rpm

燃費 16.6km/L

トランスミッション 7速Sトロニック

1.4リッターエンジンで150馬力と2.5リッターエンジン同等の加速力を持ち合わせています。

Audi A3に搭載されているエンジンも1.4リッターですが、最高出力は122馬力なので同じエンジンではありません。

やはり1,450kgの車両重量を動かすには122馬力では少し物足りないかもしれませんからね。

Audi A4 タイプ

Audi A4シリーズのボディスタイルは「Sedan」と「Avant」の2タイプあります。

Audi A4 Sedan

A4base引用元:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja.html

Audi A4 1.4 TFSI ¥4,470,000

Audi A4 1.4 TFSI sport ¥4,780,000

Audi A4 2.0 TFSI ¥5,180,000

Audi A4 2.0 TFSI quattro ¥5,970,000

Audi A4 Avant

A4AV1引用元:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja.html

Audi A4 Avant 1.4 TFSI ¥4,760,000

Audi A4 Avant 1.4 TFSI sport ¥5,070,000

Audi A4 Avant 2.0 TFSI ¥5,470,000

Audi A4 Avant 2.0 TFSI quattro ¥6,260,000

Audi A4 Avant 1.4 TFSI sport 試乗インプレッション

A4AV

今回のデモカーはAudi A4 Avant 1.4 TFSI sportです。

ボディカラーはグレイシアホワイトメタリック。

オプションはAudi一押しのAudiバーチャルコクピット装備車となります。

まずはアプローチですが、ドアは重めで重厚感があり、高剛性であることが伺え知ることが出来ます。

ドアを閉めるとさすがAudi A4。高い剛性力を持つその室内はとても静かです。

運転席に座りメーターナセルに目をやると、バーチャルコクピットには「A4」のロゴが表示され、ドライバーをお出迎えします。

IMG_3326

インテリアはホリゾンタル(水平)基調で、洗練されていて飽きのこないデザインですね。

センタークラスターはドライバー側に傾けられていて、ドライバーオリエンテッドなレイアウトがスポーティな印象を演出しています。

Audi A4 1.4 TFSI sportの標準シートはドライバーを包み込むようなフォルムのファブリック素材のスポーツシートとなっていて、適度な張りがありホールド性も抜群。少し硬めの座り心地が長距離運転でも疲れなさそうです。

エンジンをスタートさせると、さすが1.4リッターと言うべきでしょうか。とても静かに立ち上がります。

新型Audi A4ではユニークな形をしたセレクターが採用されています。

IMG_3333

このセレクターはAudiのフラッグシップモデルであるA8にも採用されているシフトバイワイヤーを採用しています。

従来のゲート式ではなく、手首の返しだけで「R」「N」「D」を選択することができます。

そして「P」はシフトに設置されている「P」というボタンとなっています。

ちなみに「R」や「D」レンジでエンジンを切ると自動的に「P」が選択されるようになっているので、万が一押し忘れても安心ですね。

IMG_3328

とてもユニークな形をしていますが、とても握りやすく、扱いやすいです。セレクターの上に掌を置き、前方に設置されたナビゲーションのコマンダーを指で操作ができるようになっています。

前置きが長くなってしまいましたが、いよいよ試乗です。

加速ですが、1,500回転から250Nmという最大トルクを発生させるエンジンが1.4リッターとは思えないほどスムーズにAudi A4 Avantを加速させていきます。

この力強い加速力はエンジンだけではなく、それに組み合わせれている7速Sトロニックの力でもあります。

Sトロニックはダイレクトで伝達ロスの少ないマニュアルと、扱いやすいオートマチックの長所をあわせ持つ理想のトランスミッションです。

また、デュアルクラッチなので素早く、スムーズなシフトチェンジが可能なことと、7速という多段化によってAudi A4に力強い発進加速と低燃費をもたらしているのです。

特に「2速」「3速」の加速が力強くて乗りやすいですね。

新型A4には前後ともに新開発の5リンクサスペンションが搭載されているので、俊敏性があり、かつ、快適性と高い走行安定性を感じさせてくれます。

Audi A4 Avant 1.4 TFSI sportの乗り心地は滑らかで、スポーツサスペンションになっているにも関わらず、ゴツゴツ感は皆無。

個人的にはもう少し硬くてもいいと思ってしまうぐらい乗り心地は快適です。

静粛性も抜群です。特にフロントガラスにはアコースティックガラスを採用しているので、走行中の風切音などの低減が図られています。

法律上100km/h以上出せない日本の道路事情においてはAudi A4 1.4 TFSIの実力で十分事足ります。

どうしても0-100km/h加速が速い方がいいという事であればAudi A4 2.0 TFSIを検討した方が良いでしょう。

スポンサードリンク


Audi A4 1.4 TFSIのここが気になる

そんな素晴らしいAudi A4 1.4 TFSIでしたが、1つだけ気になったのが、

最初の出だしの加速

です。

結構アクセルを踏み込んでいるのにもかかわらず、加速が鈍い感じがします。

なんというか、半クラ状態で走っているというか、エンジンが空回りしているというか。

とにかく上手くエンジンの力がタイヤに伝わっていないような感じがするんです。

2速に上がってしまえば、まったく問題なく、今までの違和感が嘘だったかのように力強く加速していきます。

最初だけなんです。

ドライブセレクトで「ダイナミック」、もしくは、セレクターで「S」レンジでも違和感なく発進することが出来るので、そういう特性なのかもしれません。

私の様に出だしが気になる方は個別設定でトランスミッションを「ダイナミック」にしておく必要があるようです。

Audi A4 1.4 TFSIなら「sport」がおすすめ

Audi A4 1.4 TFSIベースグレードと「sport」には¥310,000の価格差がありますが、もしAudi A4 1.4 TFSIの購入を考えているのであれば、ぜひ「sport」で検討してください。

理由①「sport」にはリアカメラが標準装備

ベースグレードはナビゲーションこそ標準装備ですが、リアカメラをはじめとする駐車支援装置がオプションで設定されています。

駐車支援装置の内訳は

〇リアカメラ

〇フロント&リアセンサー

〇アドバンスドキーシステム

です。

このオプション価格は¥260,000です。

「sport」ではこのオプションが標準で装備されています。

もしあなたがリアカメラが必須ということであれば、この時点でベースグレードとsportの価格差は¥50,000になるということです。

理由②「sport」にはシートヒーターが標準装備

ベースグレードでシートヒーターを付ける為には「ラグジュアリーパッケージ」というオプションを選択する必要があります。

このラグジュアリーパッケージ内容は

〇ウッドパネル

〇17インチアルミホイール

〇LEDヘッドライト

〇LEDリアコンビネーションライト

〇パーシャルレザーシート

〇シートヒーター

となっています。

このオプションの価格は¥530,000となります。

パッケージ化されているため、シートヒーターだけをつけることは不可能なのです。

ちなみに「sport」では、シートヒーターだけではなく運転席のみ電動シートとなるので、手動シートのベースグレードとの差はさらに広がるのではないでしょうか。

理由③「sport」にはスポーツバンパーが標準装備

やはり車は出来ればかっこいい方がいいですよね。

バンパーが変わるだけで車の雰囲気もガラッと変わるわけです。

A41.4

上段がベースグレードで、下段が「sport」です。

「sport」になると、フロントバンパーとフロントグリルにはクロームパーツを使用し、リアバンパー下部にはスポーティなメッシュデザイン、そして、マフラーエンドにはマフラーカッターが取り付けてあるなどベースグレードと差別化されているのが分かりますか?

小さな違いかもしれませんが、印象は大きく変わるものです。

理由④「sport」には17インチアルミホイールが標準装備

おしゃれは足元からといいますが、車でも同じことが言えると思います。

やはり16インチよりは17インチの方がバランスも良く、カッコいいし、高級感も出て雰囲気が変わってきます。

ベースグレードのアルミを17インチにするには、ラグジュアリーパッケージを選択する必要があるので痛い出費になりそうです。

ちなみにグレードに関わらず、エクスクルーシブ(受注生産)にて18インチアルミホイールを選択可能です。

価格はデザインによって異なっており¥170,000~¥380,000となっています。

以上④つの理由からAudi A4 1.4 TFSIなら「sport」を選択するとこで、¥310,000以上の装備と満足を得ることが出来るというわけです。

まとめ

いかがでしたか?

Audi A4 1.4 TFSIはエンジンの排気量だけ聞けば、「本当に大丈夫なの?」と不安になられる方もいるでしょう。

しかし、心配ご無用!いい意味で期待を裏切ってくれる素晴らしい車です。

Audi A4もquattro(4WD)を基本にしているので、そのポテンシャルは極めて高いです。

高速道路を頻繁に使用する方や長距離運転が多い方などでない限り、Audi A4 1.4 TFSIはきっとあなたの期待に応えてくれます。

軽快で、スポーティーで、それでいてラグジュアリーなプレミアムカー。それがAudi A4です。

ぜひあなたも一度Audi A4 1.4 TFSIに乗って、私が感じたことを体感してみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサードリンク


masaprocess
About masaprocess 81 Articles
1980年生まれ。公立高校を卒業後、単身アメリカへ留学。コミュニティーカレッジにて経営学を先行し、卒業。帰国後、2006年、某国産新車営業職に従順。売れない営業マンというレッテルを張られあきらめず頑張った2年間の末、「商談の基礎」を構築。それを基に飛躍的に成績を伸ばすことに成功。2013年、更なる高みを目指し、某高級輸入車新車営業に転職。2016年、現在も精力的に活躍中。自称:売れなかった営業マン。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


Top