実は給料安すぎ?それとも高すぎ?上場企業の平均年収ワーストランキングトップ5


argument-238529_960_720

masaです。

あなたは自分のお給料に満足していますか?

おそらく、ほとんどの方が満足されていないのではないでしょうか。

「こんなに働いているのに、なんでもっと評価してくれないの?」

「給料安すぎて、生活できないよ!」

など会社に言いたいこともたくさんあることでしょう。

今回はそんなお金にまつわるお話です。

上場企業と聞いて思い当たるものはなんですか?

●待遇がいいい

●カッコいい

●みんなが知ってるから自慢できる

●退職金がたんまりある

●生涯安泰

●給料が良い

などなど、悪いイメージというより、良いイメージの方が多いのではないでしょう?

上場企業に勤めている人は、さぞ良いお給料をもらっていることだろうと、他人の財布事情が気になるところですよね。

全国平均年収は420万円なので、さぞもらっていることだろうと思いきや、東洋経済オンラインの「会社四季報」のデータによると、全上場企業3600社中、平均年収が400万円未満の企業が193社ありました。

そして、上場企業のワースト8社の平均年収は300万円未満となっています。

今回はそんな上場企業のワーストトップ5に注目してご紹介します。

スポンサードリンク


平均年収全国ワーストトップ5

5位 マルコ株式会社 平均年収286万円

マルコ株式会社は、大阪府大阪市に所在地を置く補正下着メーカーです。

2017年現在のホームページの会社概要によると、従業員数は2116名、体型補整用婦人下着の販売、化粧品の販売、健康食品の販売を行っています。

1978年に日本ではじめて体型補正下着に着眼し、製造販売を開始し、「女性は、キレイになるため、そして活き活きと輝くために生まれてきた」という理念を持って良質の体型補正下着、化粧品、健康食品を手掛けています。

マルコ株式会社HP→https://maruko.com/lineup/index.html

4位 日本マニファクチャリングサービス 平均年収285万円

日本マニファクチャリングサービス株式会社は、東京都新宿区に本拠地を置く製造派遣、製造請負を行う会社です。

創業は1985年、日本のモノづくりを支えていくことを使命とし、今日まで高いソリューションを提供し、顧客から高い評価をもらっている企業です。

資本金は5億6900万円という一流企業です。

日本マニファクチャリングサービスHP→http://www.n-ms.co.jp/index.html

スポンサードリンク


3位 ショクブン 平均年収284万円

株式会社ショクブンは、家庭用総合食材の宅配、業務用食料品販売、事業食等の相談運営を行っている会社です。

1977年から人のからだに良いもの、健康づくりに役立つ食材を追求し、安全で安心な食生活のあり方をご提案し続けている企業です。
する

資本金は11億4,801万円と、一流企業です。

株式会社ショクブンHP→https://www.shokubun.co.jp/

2位 アクシーズ 平均年収266万円

株式会社アクシーズは、鹿児島県に本社を置く、鶏肉及びその加工食品の製造販売を手掛ける会社です。

従業員数は877名、資本金は4億5,237万円。

その歴史は古く、1962年に採卵鶏の育種改良及びその雛の孵化販売を目的とし、株式会社伊地知種鶏場を設立したのがはじまりです。

2013年に、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場した一流企業です。

株式会社アクシーズHP→http://www.axyz-grp.co.jp/

1位 トスネット 平均年収252万円

株式会社トスネットは、宮城県仙台市に本拠地を置く会社です。

1977年に、「誠実」「感謝」「奉仕」の精神を社訓した警備会社、東北タイショウ警備保障株式会社を設立。

2002年に株式会社トスネットに社名変更しました。

従業員数は437名、グループ全体2932名、資本金7億89293万円です。

株式会社トスネットHP→https://www.tosnet.co.jp/

まとめ

いかがでしたか?

今回のケースはあくまで上場企業に限定しての平均年収となります。

確かに、上場企業のトップの平均年収だけを見ると、誰もがうらやむような金額をもらっているかもしれません。

しかし、上場企業だからと言って、だれもが驚くような高額のお給料を貰っていないということです。

今回紹介した年収を高いとみるか、安いとみるかはあなた次第です。

もしあなたがこのランキングを見て年収が高いと思ったのであれば、何かを変える必要があるのかもしれません。

もしあんたが年収が安いと思ったのであれば、今の現状を受け入れる必要があるのではないでしょう。

とにもかくにも仕事は生活をしていく上では必要なことです。

いくら高いお給料をもらっているとはいえ、それが苦痛であれば、嘆かわしいことです。

世間一般的に安い給料と言われていても、楽しかったり、将来役に立つことであったりすることであれば、それはそれで今後プラスになることでしょう。

あなたが仕事をしているのは、何のためですか?

生活の為?

それとも自分の将来の為?

それは決して年収だけでは決めることが出来ないことかもしれませんね、。

スポンサードリンク


masaprocess
About masaprocess 81 Articles
1980年生まれ。公立高校を卒業後、単身アメリカへ留学。コミュニティーカレッジにて経営学を先行し、卒業。帰国後、2006年、某国産新車営業職に従順。売れない営業マンというレッテルを張られあきらめず頑張った2年間の末、「商談の基礎」を構築。それを基に飛躍的に成績を伸ばすことに成功。2013年、更なる高みを目指し、某高級輸入車新車営業に転職。2016年、現在も精力的に活躍中。自称:売れなかった営業マン。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


Top