Audi A3シリーズがマイナーチェンジ!お勧めのオプションとは?


008_Audi_A3_001_s引用元:http://www.euro-car.info/post-4317/

2017年1月26日、ドイツのプレミアムブランドであるAudiからAudi A3シリーズの発表・発売がありました。

前期型に比べ、より洗練されたヘッドライト、バンパー、そしてシングルフレームグリルが与えられ、スマートになりました。

「なんだ、見た目が変わっただけじゃん」と思うなかれ!

変更点はエクステリアだけではありません。

安全装置も見直されより魅力的になっています。

今までオプション設定だった「アダプティブクルーズコントロール」が全車標準装備になりました。

さらに、Audi A4にも搭載されている最新の安全装置がオプションとして拡充されて、より先進性をましているのです。

「Audi A3の購入を考えているけど、外車はオプションがいっぱいあって分かりづらい」

そんなあなたに、Audi A3のお勧めのオプションをご紹介します。

スポンサードリンク


関連記事:新型Audi A3 Sedan 1.4 TFSIに試乗インプレ!マイナーチェンジの変更点とは?

お勧めオプション①ナビゲーションパッケージ

今や殆どの車に装着されているナビケーション。

ナビは付いてて当たり前と思っているあなたには残念な話かもしれませんが、Audi A3シリーズではナビゲーションはオプションの設定になっています。

価格は¥350,000。

高いか安いかはあなたの判断にお任せしますが、値段だけ見れば、一般的な意見からすると少し高めの値段設定だと思われます。

なぜ少し高めの値段設定になっているのかというと、装備されるのがナビゲーションだけじゃないからです。

まずは、ナビゲーションには、「Audi connect」が装備されます。

Audi connectとは、Audi独自の通信型ナビゲーションです。

購入価格に3年分の通信費が含まれているので、最初の車検までナビゲーションをネットワークでつなぎ、リアルタイムで情報が閲覧可能です。

どんなことができるかというと、ナビゲーションを「Google earth」連動したり、専任のオペレーターを介しての施設検索や、レストラン、ホテルの予約手配などのサービスを受ける事が出来ます。

さらに、フライトの情報をはじめ、到着地の天気や駐車場の空き情報などリアルタイムで閲覧する事も出来るので、出張の多い方やスケジュールがタイトな方などには大いに役に立ちます。

もちろんナビ連動型ETC車載器もセットで組み込まれます。

ナビゲーションパッケージには4スピーカーを8スピーカーにする「アウディサウンドシステム」も装着されます。

ナビゲーションパッケージ、これはお勧めです。

お勧めオプション②コンビニエンスパッケージ

コンビニエンスパッケージの内容は、デラックスオートマチックエアコンディショナー、アドバンストキー、アウディパーキングシステム、リヤビューカメラの4点です。

価格はAudi A3で¥280,000、Audi A3 sportで¥210,000となっています。

まず、デラックスオートマチックエアコンディショナーですが、太陽光を感知して、室温、風量、風流を自動調整するだけではなく、運転席と助手席でそれぞれ好みの温度に設定可能となります。

空気の汚れを感知するオートサーキュレーションモードや、湿度感知機能も備えています。

アドバンストキーは、リモートコントロールキーを身に着けていれば、プッシュスタートストップボタンで速やかなエンジンスタートを可能。また、ドアノブのタッチセンサーによるドアロックの開閉が装備されるので、ドアの施錠、解錠も煩わしさがなくなります。

アウディパーキングシステムは、フロントセンサーとリアセンサーによる音とナビゲーションに映し出されるビジュアル表示により、駐車操作を快適にするアシスト装置です。

リヤビューカメラはもちろんナビゲーションと連動。ナビゲーションには車の曲がり角度をあらかじめ計算した両サイドのガイドラインを表示し、駐車スペースへの出し入れを快適にサポートしてくれます。

今や、バックカメラは必須アイテムともなっています。

ぜひお勧めしたいオプションです。

スポンサードリンク


お勧めオプション③LEDライトパッケージ

LEDヘッドライトパッケージの内容は、ヘッドライトをはじめ、テールライト、車内灯などもLED電球となります。明るく、そして、先進性のある雰囲気を演出してくれます。

価格は、Audi A3で160,000、Audi A3 sportで¥140,000です。

標準でバイキセノンヘッドライトが採用されていますので、決して悪いわけではないのですが、やはりLEDが今のトレンドといえるでしょう。

太陽光に近い光源で路面を照射するLEDヘッドライトは、1ユニットにロービーム、ハイビーム、ポジショニングライト、ハイウィライト、コーナリングライト、オールウェザーライトを装備します。

ヘッドライトのデザインもLEDヘッドライトの方が先進的で高級感があると思います。

また、LEDテールライトが装備され、ダイナミックターンインディケーターというウィンカーが内側から外側に流れるようなウィンカーになります。

お勧めオプション④セーフティーパッケージ

Audiが進めている先進安全技術です。

パッケージ内容は満載です。

アウディサイドアシスト。

左右からの車の追い越しがあった場合、左右後方に装備されてセンサーがそれを感知し、該当する側のエクステリアミラーに搭載されてたLEDが点灯してドライバーに警告をする装置です。

アウディアクティブレーンアシスト。

時速65kmから250kmの走行中に、車両が車線を逸脱しそうになると認識した車線での走行を維持する為に穏やかにステアリングを自動修正して走行車線にとどまるようにするアシストです。

トラフィックジャムアシスト。

時速0km~65kmの走行中に、車両が渋滞と判断すると半自動運転をおこなう装置です。走行区分線や周囲の建物、隣車線や前方を走る車両をカメラとセンサーで感知し、その情報からシステムが走行路を判断し、車両を導きます。

リアクロストラフィックアシスト。

駐車スペースからバックで出る場合に、車両後方の車をレーダーが検知し、近づいてくる車をナビゲーションに表示し、注意喚起を行うアシストです。

ハイビームアシスト。

対向車のヘッドライトや他の車のリヤライトをシステムが自動的に感知し、道路状況に応じてハイビームのオン/オフを自動的にコントロールするアシストです。

セーフティーパッケージの価格は、¥130,000です。

これだけの機能が付いて¥130,000ですよ。決して高い値段ではないでしょう。

その他オプション

レザーシートがお好みの方には、パーシャルレザーシートが装備されるラグジュアリーパッケージがお勧め。

オプション価格は、¥270,000ですが、LEDヘッドライト、バーチャルコクピットが付いてきます。

オーディオに拘りたい方には、Bang&Olufsenサウンドシステムです。

14個の高性能スピーカーが5.1サラウンドサウド再生を実現しています。トータル出力705ワットの15チャンネルアンプを装備し、上質なサウンドとおしゃれなスピーカーカバーが車内を彩ります。

価格は¥80,000です。

まとめ

いかがでしたか?

プレミアムコンパクトのパオニアとして時代をリードし続けるAudi A3シリーズ。

コンパクトだからと言って決して手を抜かないAudiだからこそ出来たプレミアムコンパクトカーです。

今回お勧めのオプションは気に入っていただけましたか?

●ナビゲーションパッケージ

●コンビニエンスパッケージ

●LEDライトパッケージ

●セーフティパッケージ

をご紹介しました。

高いと思うものもあれば、安いと思うものもあったと思います。

あくまでお勧めですので、あなたの気に入ったオプションを選び、あなただけの車を作っていきましょう。

スポンサードリンク


masaprocess
About masaprocess 81 Articles
1980年生まれ。公立高校を卒業後、単身アメリカへ留学。コミュニティーカレッジにて経営学を先行し、卒業。帰国後、2006年、某国産新車営業職に従順。売れない営業マンというレッテルを張られあきらめず頑張った2年間の末、「商談の基礎」を構築。それを基に飛躍的に成績を伸ばすことに成功。2013年、更なる高みを目指し、某高級輸入車新車営業に転職。2016年、現在も精力的に活躍中。自称:売れなかった営業マン。

1 Trackbacks & Pingbacks

  1. 新型Audi A3 Sedanに試乗インプレ!マイナーチェンジの変更点とは? | 負けるな!セールスマン!営業マン10年目の独り言

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


Top